健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



ヨガでダイエット

ヨガは、インド発祥の修行法や心身を制御する方法のことを言う。
健康に関してのヨガではアーサナ(姿勢)、プラーナーヤーマ(呼吸法)などの方法に重きを置かれるのに対し、瞑想などに重きを置くヨガもある。
ヨガはヒンズー教の修行法で、離脱すなわち神様との結合を実現させるための実践方法のことを意味する。
語源からいうと、「馬を制御するように心身を制御する」といったことのようである。


日本で流行している健康法としてのヨガは、昭和時代に流行した。
オウム真理教などの一連の事件により一時的に下火になっているという過去もあるが、近年、健康ヨガのブームはふたたび訪れ、ダイエット法などで人気になり、ジムのメニューなどでも取り上げられるほどになった。
このヨガの流行はインドからのものではなくアメリカはニューヨークなどでの流行が日本に伝わったものである。
伝統的なヨガには種類があるようだが、現代人に人気のヨガというものはハタ・ヨーガと呼ばれるものにフィットネス等の技術を加えて改良したものである。


■ヨガでダイエット

ヨガはインドの宗教での修行法だが、われわれが本来持つ自然の治癒力や免疫力を高めて心身をトレーニングする機能を持っている。
アメリカなどではヨガのダイエット効果などが注目されており、本来のヨガの動きにフィットネス効果を組み合わせるなどしてジムやスポーツクラブなどで教室が開かれるなど日本でも人気である。
ヨガは筋力トレーニング効果の上に体を伸ばしてやわらかくする効果もあるため、脂肪を燃焼して有酸素運動を体にさせる効果があり、またその人のバランスを整え適正体重まで落としてくれるなどの体型を本来のものに戻す効果などがある。
体を引き締めるヨガダイエット法としては、まず仰向けに寝て膝をたて、両足を肩の幅まで開く。
両腕を頭の下においておしりを持ち上げる。
ゆっくり息を吸って数秒間同じ姿勢をとりこのときに視線を定め、集中すると良い。
これ等の動きを繰り返すことでヨガの効果が現れる。
ヨガは体とともに内臓も刺激してゆく方法ですので空腹時に行うのが良い。

介護保険

介護保険制度の給付を受けるには、特定疾病にあたる病気の方で要介護認定を受けた方が対象となります。
特定疾病とは、40歳から64歳の人(第2号被保険者)で下記の特定疾病一覧に該当する病気の方が要介護認定を受ける際に対象となる病気の総称です。

【特定疾病一覧】
・初老期の痴呆(アルツハイマー病、ピック病、ヤコブ病、脳血管性痴呆など)
・脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)
・脊髄小脳変性症
・糖尿病性の腎症、神経障害、網膜症
・閉塞性動脈硬化
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)
・パーキンソン病
・慢性閉塞性肺疾患
・早老症
・脊柱管狭窄症
・両側の膝の関節あるいは股の関節に著しい変形を伴う変形性関節症
・慢性間接リウマチ
・後縦靭帯骨化症
・骨折を伴う骨粗鬆症
・シャイ・ドレーガー症候群


以下に要介護度の目安を示します。
【要支援】 :ほぼ自立している、ときどき介護を要する場合があるなど社会的支援が必要
【要介護1】:日常生活で何らかの介助が必要するなど、部分的に介護が必要
【要介護2】:移動および排泄、食事など、ごく軽度の介護が必要
【要介護3】:日常生活全てにおいて、介護が必要であるなど、中度等の介護が必要
【要介護4】:理解力の低下や、問題のある行動が見られるなど、重度の介護が必要
【要介護5】:意思の伝達能力の低下、寝たきりなど、最重度の介護が必要


介護保険制度を利用する際の介護保険料ですが、40歳になってから支払いをする義務が生じます。
「第1号被保険者」(65歳以上の被保険者)は年金から原則として天引きされ、「第2号被保険者」(40歳から64歳の被保険者)は健康保険料にプラスされて納付する事となります。
また要介護認定を受けた方が介護サービスを受ける場合の料金は、サービス料の1割負担を保険料とは別途支払う事になります。

介護保険サービスは、原則、65歳以上の人(第1号被保険者)で、要介護度の認定を受けた場合に給付やサービスが受けられるようになっています。しかし、65歳以上の人(第1号被保険者)でも要介護度の認定が得られなかった場合は、利用する事が出来ないようになっています。その場合は自費で介護保険サービスを利用することが出来ます。
サービスや給付内容は、介護度により様々あります。

介護サービスを利用するには、それを利用する方が要介護者であるかどうかを認定される必要があります。

要介護度審査は、認定調査を保険者(調査員)が行い、その結果とかかりつけ医の作成する意見書を基にして、認定審査会によって審査が行われます。認定ソフトでの1次判定、その結果によって2次判定を行い、「要支援」「要介護1」?「要介護5」の6段階に分類されます。

これに基づいてどういった居宅介護サービスを行っていくのか組み立てていくのがケアマネージャーの仕事である。なお、2006年(平成18年度)の介護保険制度改正があり、「要介護1」の一部が「要支援2」に変わり、「要支援」は「要支援1」へと変わりました。

介護サービスは、利用者が希望するサービスを支給限度額内で組み合わせて利用できるのが特徴です。これは健康保険制度とは大きく異なる点です。

要介護認定を受けた被保険者が介護サービスを事業者から受けた場合は、その9割が保険で支給されますので、実費は1割負担となります。

バリアフリーなどの住宅の改修や、福祉用具の購入などは後で現金で支給される償還払いの制度もありますが、一時的に全額立替もしなければならないケースもあります。

施行前は、要介護者が増えたり、社会的な入院も増えたりしたので問題が大きくなってきたため、在宅介護を推進するための制度が発足したものです。
少し前までは、介護サービスがあっても、実際在宅介護で必要なサービスが提供されていなかったため、自宅での介護は困難だと思う事も多かったと思います。
現在は、入所介護施設の整備が課題の一つとなっています。

しわのプチ整形

メスを使った本格的な美容整形はちょっと怖いという方、
もっと気軽に低価格で、短期間でできないかな? 

という方に最近人気なのが、プチ整形。糸で留めて二重瞼にしたり、注射で
鼻筋や口元を希望の形に整えたりといった方法を取る。メスを使わないので、
精神的、身体的、そしてお財布にも比較的易しい美容整形施術といえる。

では、しわの治療法のプチ整形にはどのような施術法があるのか。
一般的には、1.ヒアルロン酸の注入 2.ボトックス注射といった方法が取られる。

ヒアルロン酸の注入の場合、治療時間は20分程度で、手術当日の洗髪、
洗顔もOKという手軽さ。ただ、内出血の可能性があるため化膿止めが処方される。

ボトックス法は、しわを作る筋肉にボツリヌス菌の毒素を注入するというもの。
毒素により、筋肉を麻痺させてしまうのである。こちらも、施術時間は15分と
短時間ですむ。手術当日から入浴、洗髪、洗顔が可能。ただ、この方法の場合、
その効果が4?10ヶ月と短いのが難点といえる。

いずれも施術時間が短く、施術費用も比較的安価である。また、術後、
翌日からお化粧ができる等、日常生活への負担が少ないためまわりに気づかれない、
という利点もある。

しかしヒアルロン酸の注入の場合も、ボトックス注射の場合も、事前に
肌タイプのチェックや適性の判断が不可欠である。また術後には、効果の持続という
点からアフターケアーも重要となる。
たとえ「プチ」であろうと、施術の前後も含めた総合的なケアを受けられる、
信頼のおける機関で施術を受けることが重要である。

妊娠中の蕁麻疹の薬

妊娠中の蕁麻疹の薬についてですが、妊娠早期の内服、抗ヒスタミン剤
(抗アレルギー剤を含む)は注意が必要である。
妊娠中であれば、抗ヒスタミン剤などの内服は避けるようにして頂きたい。
どうしても内服が必要な場合もあるが、医師と十分相談するようにしてください。
比較的安全だろうと言われている薬は、 マレイン酸クロルフェニラミンである。

■質問
蕁麻疹の薬、妊娠時服用して大丈夫?

私は以前より蕁麻疹で困っています。初期は食べ物で急性蕁麻疹にかかりました。
その後も年2回は蕁麻疹の症状が出ていたので、皮膚科の薬を飲み回復しました。
しかし3、4年前から慢性的に蕁麻疹が出るようになりました。通院して
1、2年間は薬を飲みましたが、完治していません。妊娠した場合は、
薬を続けても大丈夫でしょうか。


■回答
慢性蕁麻疹は体中の皮膚が虫刺さされのように、腫れて、1ヶ月以上かゆい
症状が続く場合をいいます。
慢性蕁麻疹の方の80%が、一般的な検査をしても異常がないとされ、
原因がわからないことが多いです。
そのため、数ヶ月から数年、蕁麻疹は出没を繰り返し、慢性難治性蕁麻疹は
治療が難しいのです。

最近、原因不明の蕁麻疹の中に、自己免疫性蕁麻疹という症状が見つかりました。
これは、血液中に肥満細胞を刺激する自己抗体をもち、蕁麻疹を起こす
特殊なタイプがあることが分かりました。

また、頑固な蕁麻疹の背景には、慢性疾患が隠れていることがあります。
皮膚科専門医で、蕁麻疹以外の症状がないか診てもらう必要があります。
生活環境が変わり、ストレスが引き金になって蕁麻疹が発症することもあります。
自律神経のリズムの乱れや、心理的要因が免疫力を低下させ、過敏反応を
起こしやすくします。

蕁麻疹の治療は、抗アレルギー剤の内服が主体ですが、種類も様々です。
内服をして、蕁麻疹を抑制できる薬が見つかれば内服を継続します。1ヶ月以上症状が現れなかった場合は、薬を徐々に減量していきます。
蕁麻疹は生体の過敏反応の一つなので、数ヶ月から数年で多くの人は症状が治まります。

妊娠中の人に100%安全な内服薬は残念ながらありません。
しかし妊娠の時期により、内服が可能な場合もあります。産婦人科医と
皮膚科医によく相談し治療してください。
慢性蕁麻疹は、一時的な体の反応なので、自分の生活を見直し、規則正しい
生活を心がけるようにしてみて下さい。

美容整形とセカンドオピニオン

「日帰り美容整形手術」「プチ整形」等、美容整形は急速に身近になりつつある。
しかし、美容整形手術はあくまでも医療行為なので、決して安易な気持ちで
臨んではならない。色々な情報を集めて、慎重に判断を下すことが大切である。
しかし、インターネットや雑誌、巷のうわさは大量の情報を与えてはくれるものの、
その信憑性という点を考慮すると鵜呑みにはできない。

まずは、カウンセリングにおいてきちんとしたインフォームドコンセントを
受けることが必須である。インフォームドコンセントとは、医師が患者に
対して適切なアドバイスをすることをいう。そうして同意を得た上での治療が
最も正しい治療なのである。医師はわかりにくい医療専門用語を患者にわかりやすく、
丁寧に説明する必要がある。

それでも、ひとつの美容整形機関、一人の医師のカウンセリングだけで、
すぐに手術契約をしてはいけない。必ず2~3の機関、クリニックの医師の
セカンドオピニオンを受けて頂きたい。検査などを行った場合には、レントゲンや
CTなどの検査結果や血液検査などの持ち出しの許可を得て頂きたい。そもそもそれを許可してくれないような機関は考え直してみたほうがよさそうである

美容整形は、一般の保健医療と異なり、あくまで自己責任が大きく発生する
医療行為である。一口に「キレイになりたい」といっても、手術を求める
方々がイメージする「キレイ」とは千差万別。また、美容整形手術は急速に
進歩している。同じ結果を求めるにも、様々な方法がある。患者さんの希望、体質などを十分に考慮し、どのようなリスクがあるのか、どのような
選択肢があるのか、何が最も適した治療法なのか、を複数の専門家の立場から
情報を得ることが重要である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。