健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



薬による副作用の防ぎ方

薬の副作用は時として社会的問題にまで発展する程大きな問題となる。

・喘息の薬で死亡した?
・発毛剤で肝機能が悪化?
・一般用のかぜ薬で間質性肺炎の副作用が起きる恐れある


薬自体に問題があるような場合は問題外だが、正しい薬の知識の基に使用すれば副作用は防いだり、副作用を早期に発見する事が可能である。
ではどの様な点に気をつければ薬による副作用の防ぐことができるだろうか?

当然ながら、どのような薬でも副作用が起こる可能性はある。
それは、薬そのものの問題ではなく、服用する方がアレルギー体質だったり飲み合せにより副作用が起こる場合もあるのである。
副作用も重篤なものから、よくいわれる眠気や喉の渇き等の軽度の症状まで様々。
軽いからといって無視できるというものではないが、受けている治療の関係上止むを得ない場合もある。
また服用を続けるうちに副作用自体の症状がなくなる場合もある。

薬の副作用を防ぐためには、決められた用法・用量を守る事がとても重要となる。
また相互作用(飲み合わせ)で起こる副作用もあるので、処方を受ける際に服用中の薬があれば、医師または医療機関の職員に必ず伝えるようにして頂きたい。
アレルギーを持っていたり過去に副作用がおきた経験なども必ず伝えることも必要。
服用後検査が必要な場合は、服用による体調の変化や病状の確認をするためのものなのでしっかり受ける事が大切である。
そして服用後気になる変化があれば早めに医師や薬剤師に相談して頂きたい。

自分がそれまでに服用した薬についての情報を記録にまとめる事も薬の副作用防止に効果がある。
アレルギーや副作用が起きた経験がある場合は特に、その時に服用した薬の名前がわかる事は重要となる。
一般薬や健康食品についても一緒に情報を記録して頂き、処方を受けるごとに病院や薬局で記入してもらうと後々役立つので心掛けて頂きたい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。