健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



アレルギー性鼻炎の薬

アレルギー性鼻炎は花粉などのアレルギーの原因物質(アレルゲン)が鼻の粘膜に付着する事で起こるアレルギー反応で発症する。
このアレルギー反応にはヒスタミンやロイコトリエンを代表とする様々な化学物質が大きく関わっている。
ヒスタミンは神経を刺激しくしゃみや鼻水を起こし、ロイコトリエンは血管を刺激し鼻づまりを起こす。

花粉症やアレルギー性鼻炎に用いる薬を総じて抗アレルギー薬というが、抗アレルギー薬はその作用によって何種類かに分類される。
抗アレルギー薬の作用は、化学物質の分泌を抑制するものと化学物質が働きかけるポイントをブロックするものとに大別される。
そしてどの化学物質に作用するかでその抗アレルギー薬の効果や副作用には違いがでてくる。

化学物質の分泌を抑制する抗アレルギー薬は重点的に抑制するのではなく、色々な化学物質を少しずつ抑制するために効果はさほど強くない。化学物質が働きかけるポイントをブロックする抗アレルギー薬は、最も種類が多いヒスタミン拮抗薬や、喘息にも効果があるとされるロイコトリエン拮抗薬等がある。

その他の抗アレルギー薬としてステロイド薬や自律神経作用薬がある。
ステロイド薬は抗アレルギー効果は強いが副作用が強く、内服よりも点鼻薬として多く使われる。
自律神経作用薬は粘膜のむくみを抑えたり鼻水を少なくしたりするもので、こちらも点鼻薬として使用されている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。