健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



日焼け止め

夏になると大活躍の日焼け止め。正しい日焼け止めの選び方ご存じだろうか?

紫外線は肌の老化の原因であることは多くの方が知っているが、
シミはもちろんのこと、シワやたるみの原因にもなることを知っている人は意外に少ない。
いつまでも若々しい肌を保つためにも紫外線を防ぐことは必須の条件と言える。

日焼けを防止し肌への負担をなるべく軽くするには、季節や場所、外にいる時間などに
よって日焼け止めの強さを変えることが効果的である。

日焼け止めの強さの見方について少しご説明すると、
まず、日焼け止めにはSPFとPAの2つの強度が必ず書かれている。
SPFは紫外線のB波(UVB)をカットする力を示している。紫外線B波はシミやそばかす、さらには皮膚ガンの原因となる。
SPFの後に書いてある数字は、日焼け止めなどを何もつけていない素肌の状態に比べ、
日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるかを表している。SPF10の場合は日焼け開始までの時間を
10倍に延ばせるということである。
さらにPAは紫外線A波(UVA)の防止効果を現している。紫外線A波は皮膚を黒くする原因となったり、
シワやたるみの原因となったりする。PAの後に付いている+記号が多いほど防止効果が強い。
このSPFとPAの値が大きいほど、日焼け止めの効果が大きいことになる。
しかし、効果の高い日焼け止めは皮膚を紫外線から守るばかりでなく、同時に肌に負担をかけてしまう。
日焼け止めの成分には紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤の2種類がある。紫外線吸収剤は肌荒れの原因となり、
錯乱剤はお肌の乾燥を招く原因となることがある。
1日20分程度なら日焼け止めを毎日使う必要はない。日焼け止めを1日中つけっぱなしにすることでかえって
肌にダメージを与えてしまう。
また、主婦の方などゴミ捨てや買い物など、日常生活で1日に何度か日に当る方ならばSPF20、PA++位の
日焼け止めを朝つけることをおすすめする。

また、紫外線対策として大切なのは夏だけでなく一年中日焼け止めをつけることである。夏が終われば化粧品の
陳列棚から日焼け止めが消えてしまうが、夏場だけ紫外線を防いでもそれ以外の季節で浴びている紫外線も
肌へ悪影響を与えている。しっかりと肌を守り、シミのない肌を保つために日焼け止めは一年中つけて頂きたい。

また、日焼け止め落としも重要なアイテムである。最近の日焼け止めはウォータープルーフタイプでなかなか
落ちないこともあるが、しっかり落とさないと、シミや肌荒れの原因になる。

日焼け止めと日焼け止め落としを上手に利用しながら紫外線対策を効果的に行い、若々しい肌を保って頂きたい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。