健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



インフルエンザについて

インフルエンザの薬には大きくわけて2種類ある。
ひとつはインフルエンザにかからないように予防する為のワクチン接種、そしてもうひとつは発症した場合に重篤にならない為の治療薬。

インフルエンザにはA香港型、Aソ連型、B型の3種類の菌株があり、その年で流行する菌株は異なる。
WHO(世界保険機構)がその年にどの菌株が流行するかを予想し毎年発表を行っている。
それに基づいて各国が予防ワクチンに使う菌株を指定する事で製薬会社がワクチンを製造し、認可されたものが10月下旬から
各医療機関で接種可能となる。

一般的にインフルエンザの予防ワクチンは接種後半年程効力が持続する。
そして毎年インフルエンザが最も流行するのが1月下旬から3月上旬の為、12月上旬頃までにワクチン接種を
済ませるのが良いといわれている。

予防接種は毎年1度行う必要があり、70%に有効といわれる。
インフルエンザを発症した場合に重篤になる恐れのある65歳以上の高齢者や気管支喘息等の基礎疾患が
あるような方は接種した方がよい。

またインフルエンザを発症した際の予防薬としてはオセルタミビル(商品名タミフル)が有効とされていた。
(※タミフルは中外製薬から発売されたインフルエンザの治療薬。)

タミフルは体内にインフルエンザウイルスが増えるのを抑える効果がある薬とされ、A型およびB型のウイルスに有効と
されている。しかしインフルエンザの症状が出て48時間以内のウイルスが増えていく時期に服用しないと効果が低くなる。
タミフルを効果的に服用すれば、この薬はインフルエンザの症状が重くなるのを抑え、症状が出ている期間を早く終わらせる。
タミフルはA型とB型のインフルエンザには効果を発揮するが、それ以外のC型や細菌性の風邪には効き目がない。

インフルエンザが疑われる症状が出始めたら、早めに病院で鼻の中や喉の奥の粘膜を採取しインフルエンザの型を判定する検査する。
数十分で結果が出るので、その結果A型もしくはB型であれば医師の判断や患者の希望で処方される。

タミフルはインフルエンザの治療には画期的な薬として評判になりましたが、その後服用した患者が数時間後に飛び降り等の
異常行動を起こす事件が頻発。事例の発覚当初、厚労省では「投与に関係なく発症後2日間は注意して患者の様子をみておく」という
見解だったが、その後タミフルの関連性が否定できない死亡事故も数件報告され、2007年3月に「原則的に10代には使用禁止」とされた。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。