健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



アトピー性皮膚炎について

アトピーは正確にはアトピー性皮膚炎という。
アトピー性皮膚炎の原因は様々で、その主な原因は食生活、ストレス、過労、寝不足、環境汚染、ハウスダスト、
ダニ等があるが、シャンプー、石鹸、化粧品もアトピー原因のひとつである。

アトピー体質の肌は、角質層の保湿力が先天的に低下している乾燥肌のため、肌が乾燥性の皮膚炎を繰返しアトピー性皮膚炎に至る。
アトピーには「アレルギー原因」と「皮膚バリア障害」というは二つの側面がある。普通の人には何でもない物質に、
体が敏感に反応するのがアレルギーである。一方、皮膚が本来備えている、有害物質や刺激から身を守る防御機能が著しく低下している状態が、
皮膚バリア機能である。そのため、大抵の人が支障をきたさないようなわずかな刺激にもアレルギー反応(炎症)を起こしてしまうのである。
アトピー性皮膚炎は、「アトピー素因」と「皮膚の生理学的異常」という二つの要因に、ストレス、アレルゲンなどの「生活環境」が加わって発症する。
アトピー素因とは、遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質を指し、家族にアレルギーを持つ人がいる場合(家族歴)、他の花粉症、
気管支喘息などのアレルギー疾患に罹患している場合(既往歴)、IgE抗体を産生しやすい、副交感神経優位の状態等が含まれる。

アトピー素因を持つ人のことをアトピー体質の人、つまりアトピーと呼ぶが、花粉症や喘息の人もアトピーに含まれる。
皮膚の生理学的異常とは、ドライスキン(乾燥肌)であるためにバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすく
なっている状態をいう。皮膚の乾燥は皮膚の保湿因子であるセラミドの含有量が低下し、水分を保持できないことにより起こる。
アトピーの人は皮膚のバリア機能が健康な人に比べて弱いため、外からの刺激の影響を受けやすくなります。その上、
アレルギー反応を起こしやすい体質であるので、刺激の影響は倍増する。かゆみが起これば、掻いて皮膚のバリアをさらに
弱くしてしまうため、悪循環に陥いるのである。


アトピー性皮膚炎の症状はかゆみと湿疹である。アトピーの湿疹は、左右対称に症状が出るのが特徴である。
アトピー性皮膚炎はドライスキン(乾燥皮膚)の上に湿疹が起こる。このドライスキンは、角質(皮膚の一番表面)の中にある
「セラミド」(水分保持をしています)が少ないタイプの肌で、アトピー性皮膚炎にかかると「セラミド」が減少し、
発症や悪化の因子となる。また、かゆみが激しく、慢性的であることもアトピー性皮膚炎の大きな特徴といえる。
また、アトピーは年代によって症状の部位が異なる。乳児期に顔面を中心に病変があるが、幼児期になると、
次第に体や手足の方が目立つようになる。また幼児期以降では、皮膚が擦れ合う部分や首の周り、ヒジ・ヒザなどの
関節の屈曲面が特に強い症状を現す。夏には症状が軽くなり冬に悪化するケースも多く見られる。

◇アトピー性皮膚炎の症状→かゆみと湿疹
・一日中同じところをかき、それも血が出るくらいの勢いで掻く
・額、目・口のまわり、耳、首、手足の関節部分に症状が出やすい
・手足の間接部分に症状が出やすい
・カサカサ、ゴワゴワ、ジュクジュクと表現される様な皮膚の状態
・湿疹と症状の現れる部位に特徴がある
 アトピー性皮膚炎の湿疹は、左右対称に症状が現れるのが特徴。また、年代によって、症状の現れる部位が異なる
  乳 児:主に顔や頭、ひどくなると、胸や背中、手足にも広がることがある
  子 供:首の周りや、ひじの内側やひざの裏側など、関節の内側にできることが多い
  成 人:顔や首、胸や背中など、手でかきやすい部位に、症状の重い湿疹が多い
・湿疹が慢性化、改善と悪化を繰り返す。乳児では2ヵ月以上、子供や大人では6ヵ月以上が目安



◇アトピーの悪化原因

・夏には体温上昇や汗の刺激による悪化が見られる。
肌を清潔に保つために、シャワーなどで汗や汚れを流すように心がけることが大切である。

・冬場は空気の乾燥による悪化が見られる。
 ドライスキン(アトピーの方の乾燥肌)は、アトピーの方に見られる特徴で、
 空気の乾燥から、肌を守ることが重要である。

・近年、スギ花粉の飛散の時期に、症状が悪化する方が増えている。
 肌のバリア機能が落ちた部位に、アレルゲンとなる花粉が付着するために起こると
 考えられている。
 空気清浄機などの利用や、帰宅後、玄関先などで洋服などを叩き、室内に花粉を
 入れない工夫も必要である。

・自律神経が乱れる季節の変わり目にも要注意。
 毎年、アトピー症状が悪化す時期の記録をとり、生活に気をつけることが必要である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。