健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



体臭の原因と予防

体臭とは体臭とは皮膚の脂質の酸化が大きな原因で生じる一種の臭い。日本人は体臭が極めて少ない民族だといわれてきたが、それは低脂肪・高繊維質、植物性食品が中心の食生活と多いに関係があった。そもそも和食は体臭を発生させにくいのである。
ところが戦後の食生活の大きな変化で日本も高たんぱく、高脂肪な食事が定着し、特に肉や乳製品等の動物性脂肪過多の食事に移行したことで、より体臭が発生しやすい状況になったのである。

夏はもちろん、どんな季節でも汗をかいたあとには頭皮、体、足裏、わきなどの臭いが気になる。特に女性の方は消臭対策に悩むことも多いのではないだろうか。体臭は汗と皮脂とが混ざり合い、雑菌が繁殖することで臭いを発生させる。正確には解明されていないものの、体臭のメカニズムとして脂質の酸化が大きな原因となっている。
また体臭は人によって臭いの種類や強さも違うため、脂質の酸化だけではなく体臭は遺伝子に関係しており個人差が出てくる。そのため、自分の体臭が気になり過ぎて、通常の生活に支障をきたす事もある。
体臭に関する悩みは「自分の体臭は臭く(悪臭)で、人に嫌われるのではないか」といった不安や悩みを持ち、現代の深刻な心の病のひとつとも言われている。
体臭は健康状態と大きく関係する場合も多くある。口臭がヒドイ場合、歯槽膿漏や内臓の病気が疑がわれ、糖尿病になると甘い臭いがするといわれている。体臭が気になる場合は、まず健康状態の確認をし、食事についても動物性脂肪に偏った食事は体臭の発生を促す要因のひとつとなるので注意が必要となる。

■体臭の3大原因

◇汗による体臭
体臭の一番の原因が汗。発汗すると老廃物が皮膚や汗腺に溜まることで、雑菌が発生・増殖するのが体臭の原因である。「わきが」、「頭皮・頭髪、足」などが最もひどい体臭(悪臭)だが、汗が染み込んだ衣類も臭いを引起す原因となる。多汗症の場合、さらに状況が悪化する可能性がある。通常は、「デオドラントや制汗剤」などを利用して汗の臭いを防止(消臭)するのが一般的。

◇腸内不調による体臭
腸内環境が悪化しビフィズス菌が減少し悪玉菌が増加する。その結果、腸内で未消化のタンパク質やアミノ酸が分解されて、アンモニア等の悪臭の強い腐敗産物に変化する。これらの腐敗産物は、腸管から吸収されて血液に入り、口臭や体臭の原因となる。 また、過剰なアルコールの摂取で消化しきれないものが体内から臭いを発生させる場合もある。「便秘の持続、便臭がきつい」場合などは注意が必要が必要である。

◇内臓疾患による体臭
体調が悪くなると臭い汗をかく。これは汗腺機能が低下し本来、汗として排出するべきものまで出してしまっている。さらに肥満、肝機能障害、腎機能障害、糖尿病などの疾患があると血中内の悪臭物質が増加、汗と一緒に排出されることが体臭の原因となる。


体臭の予防
体臭予防の方法として制汗剤とデオドラント剤があるが、制汗剤とデオドラント剤ドラッグストアなどで市販され、同じものだと思っている方も多いと思うが、その目的と性質は違う。
制汗剤とは、皮膚に直接つけることで毛細血管の先端を収縮させ、汗腺(エクリン腺・アポクリン腺)に働きかけ発汗を抑制する製品で、汗の吸収剤、発汗を抑制する収れん剤などが配合されている。
一方、デオドラント剤は、体臭の大きな原因の1つであるアポクリン腺やエクリン腺から分泌された汗による細菌の増殖・繁殖を抑え、体臭を予防しようというものである。

以上のように制汗剤とデオドラント剤の働きは異なるが、今では殺菌剤配合の制汗剤も市販されているので、その線引きは曖昧になっているのが現状である。

体臭予防として制汗剤やデオドラント剤を利用する
市販されている制汗剤やデオドラント剤で汗や体臭を抑制し、一時的にわきがを予防することも可能である。これらは一時的な予防・対処法かもしれませんが、わきが手術は痕が残ったりする危険性もあるので、手術をする場合はこれらの危険性も考慮した上で、専門の医師と相談して頂きたい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。