健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



神経痛の症状と原因

神経痛とは、末梢神経の経路にそって起きる激しい疼痛である。神経支配に関係なく出現するこの神経痛は、曖昧な意味で用いられることが多い。しかしこの神経痛は、医学的にはいくつかの特徴が見られる場合だけを神経痛と定義しているのである。

◇神経痛の特徴
・鋭く激しい痛みが突如、特定の末梢神経の支配領域に出現する。
神経痛発作は1回につき数秒から数分間が多く、無症状の時間をはさんで繰り返し出現する。

・痛みが起こる末梢神経の支配領域に刺激を加えると、痛みを誘発する圧痛点というポイントが認められる。また、咳やくしゃみをした際に痛みが引き起こされる場合がある。体を曲げるといった、ある決まった姿勢をとる際に痛みが起こる場合もある。

◇神経痛の分類(症候性と特発性)
神経痛は、大きく特発性神経痛と症候性神経痛に分けることができる。
特発性神経痛は、原因の病名が不明で、神経痛が病名としてつけられる。
知覚や筋肉運動、反射といった末梢神経の機能を調べる神経学的検査を
実施しても、痛み以外の症状は認めることができない。
一方症候性神経痛は、診断や検査によって神経痛の背景にある病気が明らかで、
その一症状として痛みが現れる場合をいう。腫瘍、炎症、外傷、骨の変形など、
何らかの病気が末梢神経を刺激し、痛みを引き起こす。神経学的検査では、痛みの他、ふるえ、しびれ、筋萎縮といった神経症状がみられることもある。
三叉神経と舌咽神経痛には、それぞれ特発性と症候性の2タイプがみられ、
肋間神経痛と坐骨神経痛は症候性タイプがほとんどである。症候性の場合には、原因となる病気の根本的な治療が開始され、並行して痛みを抑える対症的な治療が一般的である。
神経痛が特発性であれば、最初から痛みを取り除くための治療が実施される。ただし、原因となる病気が治っても、神経痛が後遺症として残ってしまった場合には、特発性神経痛として扱われることになる。

◇主な神経痛
三叉神経痛、舌咽神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛、後頭神経痛、上腕神経痛などがある。


◇坐骨神経痛とは
坐骨神経痛というのは正しくは病名ではなく、症状に対する名前である。坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが坐骨神経痛と呼ばれている。臀部から脚にかけて走行する坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることにより痛みが生じる。 腰、臀部(お尻)〜太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みやしびれがある。下腿やかかと、足の裏まで痛みがある場合もある。

◇肋間神経痛とは
肋間神経痛は胸部の脊髄神経から腹部まで伸びる肋間神経(末梢神経)が痛む病気。肋間神経痛は病名では無く、肋間神経に痛みが起こる症状の名前である。肋間神経が圧迫もしくは刺激される事で痛みが出てくる。

◇三叉神経痛とは
三叉神経痛の特徴は、咀嚼 、歯磨き、洗顔、ひげ剃りなどの動作の際に片側の顔面に痛みが出るといった症状である。三叉神経痛の痛みは激痛で、痛みの時間は短いのが特徴。痛みが強烈なので、患者はこれらの痛みが出る動作を避けようとする。その為に顔を歪めてしかめ面になってしまうのである。
三叉神経痛には、突発性の症状と症候性の慢性的な痛みがある。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。