健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



国民年金制度

国民年金は20歳以上60歳未満の国民が加入し、老齢、障害、死亡の保険に該当した時に基礎年金を支給する公的年金制度である。その目的は、老齢、障害、死亡等による所得の喪失・減少により国民生活の安定が損なわれることを国民の共同連帯により防止し、健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とした公的年金制度である。従って国民年金は、基本的に全ての国民が加入する必要があるのである。
国民年金の被険者は、職業・就労形態や保険料の納め方で国民年金、厚生年金、共済年金の3種類に分かれている。
国民年金は自営業やフリーター、農業、学生など様々な人が加入する。厚生年金は会社に勤めているサラリーマン、OLが加入対象になる。そして共済年金は公務員等が加入する。

また、国民年金は基礎年金なので厚生年金、共済年金の被用者保険に加入している人は、同時に国民年金に加入する。
これで先程述べたとおり「国民年金は全ての国民が加入する」という事になる。
現在、国民年金(基礎年金)の受給は基本的に65歳からだが、本人の希望で60歳からでも受給できる。
ただしその場合、65歳から受給する年金額より減額されてしまう。減額率は受給を希望し請求した月から65歳になる月の前月までの月数に応じて1ヶ月減るごとに0.5%ずつ低くなる。繰上げの請求を行う月によって減額率は異なる事になる。65歳以前から受給を希望した場合、その減額は一生続く事になる。受給する場合は、以上のような点を注意して受ける事が大事である。

何かと話題の「国民年金」だが、現在支給されている人には身近なものかもしれないが、若者にとっては、「まだまだ先の代物」程度の意識で過ごしていたと思われる。
若者にとってみれば、給与明細などは支給額しか目が行かないから、将来支給されるであろう国民年金のために、大事な給料が引き落とされている感覚などないまま過ごしてきているのがほとんどなのである。国民年金は加入者によって3つの種類に分けられている。
簡単に言うと、農業や自営業の人は「第一号被保険者」、サラリーマンの人は「第二号被保険者」、サラリーマンに扶養されている人は「第三号被保険者」である。
従って一緒に住んでいても自営業を営んでいる父と、OLをしている娘とでは国民年金に加入している種類が違うということになる。
自分が何号被保険者であり、どのような形で保険料を支払っているのかは、最低限知っておいた方が良い。
もし未成年であれば20歳になったら学生であっても「第一号被保険者」に加入しなければならないと言う事。
つまり、保険料を支払わなければならないと言う事も知っておくのも、成人になる意識として必要なことである。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。