健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



美容整形とセカンドオピニオン

「日帰り美容整形手術」「プチ整形」等、美容整形は急速に身近になりつつある。
しかし、美容整形手術はあくまでも医療行為なので、決して安易な気持ちで
臨んではならない。色々な情報を集めて、慎重に判断を下すことが大切である。
しかし、インターネットや雑誌、巷のうわさは大量の情報を与えてはくれるものの、
その信憑性という点を考慮すると鵜呑みにはできない。

まずは、カウンセリングにおいてきちんとしたインフォームドコンセントを
受けることが必須である。インフォームドコンセントとは、医師が患者に
対して適切なアドバイスをすることをいう。そうして同意を得た上での治療が
最も正しい治療なのである。医師はわかりにくい医療専門用語を患者にわかりやすく、
丁寧に説明する必要がある。

それでも、ひとつの美容整形機関、一人の医師のカウンセリングだけで、
すぐに手術契約をしてはいけない。必ず2~3の機関、クリニックの医師の
セカンドオピニオンを受けて頂きたい。検査などを行った場合には、レントゲンや
CTなどの検査結果や血液検査などの持ち出しの許可を得て頂きたい。そもそもそれを許可してくれないような機関は考え直してみたほうがよさそうである

美容整形は、一般の保健医療と異なり、あくまで自己責任が大きく発生する
医療行為である。一口に「キレイになりたい」といっても、手術を求める
方々がイメージする「キレイ」とは千差万別。また、美容整形手術は急速に
進歩している。同じ結果を求めるにも、様々な方法がある。患者さんの希望、体質などを十分に考慮し、どのようなリスクがあるのか、どのような
選択肢があるのか、何が最も適した治療法なのか、を複数の専門家の立場から
情報を得ることが重要である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。