健康・医療あれこれnavi


病気・症状
うつ病アトピー性皮膚炎大豆アレルギー頭痛めまいしびれ
くも膜下出血吐き気・嘔吐神経痛の症状と原因耳鳴りの症状と原因
関節痛の原因とヒアルロン酸

美容
しみ、たるみ、しわのスキンケア日焼け止め美容歯科
リンパマッサージ美容皮膚科での治療頭皮マッサージ
体臭の原因と予防口臭の原因と予防わきがの原因と治療
足裏マッサージヨガの効果美容整形とセカンドオピニオン
しわのプチ整形

健康・医療
インフルエンザデトックス健康法薬による副作用の防ぎ方
アレルギー性鼻炎の薬水虫(白癬症)近視の原因と矯正
食物アレルギーの症状と原因妊娠中の蕁麻疹の薬



肌荒れとスキンケア

肌荒れがおきる主な原因と言われる乾燥との関係について。
季節にもよるが、肌荒れでも乾燥肌で悩んでいる方も多いと思う。

季節では寒い時期の秋から冬や、暖かくなってくる春先にかけて体が痒くなるなど、季節の変わり目に乾燥による肌荒れが多く見られ、またスキンケアが難しい時期である。

乾燥肌は体の水分蒸発を防いでいる角質層の衰えや、角質層を保護している皮脂膜の分泌が衰えることにより肌は乾燥し、体全体の水分量が低下することで起こる。

一般的に20〜25歳位までをピークに体の水分量が減少し、新陳代謝の衰えがあらわれてくる。
毎日しっかりとスキンケア(保湿ケア)をしないと肌の水分バランスが壊れ、カサカサになってしてしまい、酷い方がアトピー性皮膚炎になってしまう方も多い。

肌の乾燥が見受けられる方は、保湿効果の高い化粧品や洗顔料を選び、スキンケアに心がけて頂きたい。
また、エアコンが効いている室内は肌が乾燥しがちになる。
室内は50〜60%の湿度が最適だが、人間の肌には若干高めとなる60〜65%が良い状態なので、自由がきく自宅では加湿器などを用いて60%を維持するようにしたい。
水で濡らして絞ったタオルを室内にかけておくだけでも湿度をアップさせることができますので調整する。
特に冬場は室内の空気が乾燥し、カサカサ肌になりますので、肌に良い状態の湿度を保つ事が大切となる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。